紫外線アレルギーとは

紫外線アレルギーとは

スポンサードリンク

.

紫外線アレルギーとは?

紫外線

紫外線アレルギーというものがあります。紫外線を浴びることで、アレルギー症状がでてしまいます。紫外線、ということは日光ですので、紫外線アレルギーの人は日中大変なんじゃ…と思いますよね。軽度であれば長袖を着たり、日傘などで日光を直接浴びなければ普通に生活できますが、重度になると、なかなか外に出られない、ということもあるようです。アレルギーというのは、免疫システムが作用して起こるものです。紫外線アレルギー以外にも、いろいろなアレルギーがありますよね。花粉症なんかもそうです。紫外線の刺激によって免疫システムが過剰に作用してしまうのが紫外線アレルギーなのです。


ページのトップへ ▲

紫外線アレルギーの症状は?

頭痛

紫外線アレルギーには、皮膚が赤くなったり、蕁麻疹、水ぶくれなどの症状があります。痒みを伴うこともあり、致命的な症状ではありませんが、苦痛な症状です。これらの皮膚症状だけでなく、頭痛、吐気などの症状も出てしまう人もいるようです。また、注意しなければいけないのが、他の病気です。紫外線アレルギーの症状が出現する病気、というものがありますので、その鑑別のためにも、紫外線アレルギーかな?と思ったら、一度は病院で診察を受けることをお勧めします。疑われる病気としては、膠原病などがあります。膠原病というのは、ややこしい病気なのですが、要は自分で自分を攻撃してしまい様々な場所に症状が起こるという免疫異常の病気です。膠原病にもいろいろあるので一言では説明しきれませんが、全身性エリテマトーデスなどで日光による症状が出ます。また、ある限られた薬品などに反応して症状が起きることもあります。そのような作用がある薬を処方されたときには医師の指示をしっかり守るようにしましょう。


ページのトップへ ▲

紫外線アレルギーは治療できる?

日焼け止め対策

紫外線アレルギーには服薬などの治療法もありますが、一般的には洋服などを工夫して皮膚を紫外線から守ることが一番です。日焼け止めクリームを塗ったりして十分に対策を行えばちゃんとした効果が期待できます。服薬による治療法ですが、これは、完治できるというものではなく、症状を軽減するものという認識をされていた方がいいかと思います。処方される薬としては、ステロイド剤が考えられますが、この薬は副作用がとても強く、そのことを考えると、簡単には服薬しない方がいいかと思います。医師の方でも、よっぽど症状が強いと判断した場合しか、処方はしてくれないでしょう。そのため、薬は最終手段だと考えて、まずは身の回りのできることからはじめましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) 子供を守る紫外線対策! All Rights Reserved.