紫外線殺菌灯でバクテリア退治

紫外線殺菌灯でバクテリア退治

スポンサードリンク

.

紫外線殺菌灯とは?

水槽

紫外線は人体に有害なものですが、その効果を利用するとバクテリアを退治することが可能です。日光に当てるだけでバクテリアを殺すことができます。それを応用し、人工的に作り出されたものが紫外線殺菌灯です。この紫外線殺菌灯は様々な分野で有効に活用されています。私たちに一番身近なものというと、水槽などの紫外線殺菌灯だと思います。大きな水槽で観賞用の魚を飼育している家庭などでは、購入を考えたことがあるかと思います。紫外線殺菌灯で照射することで、バクテリアなどを退治させる目的で使われています。


ページのトップへ ▲

紫外線殺菌灯の魚への影響

細菌灯

紫外線殺菌灯はそのまま水槽に入れてはいけません。魚に照射されてしまうと、魚がボロボロになり、死んでしまったり病気になったりしてしまいます。紫外線殺菌灯は、直接水槽内に照射するのではなく、水槽内の水を循環させながら少しずつ照射していくようです。


ページのトップへ ▲

紫外線殺菌灯の効果

熱帯魚

紫外線殺菌灯を使うと、水槽内が濁ったりすることがなくなります。水中のコケの抑制やバクテリアなどを退治し、透明感のある水槽を保つことができます。魚を飼育しているときに臭う独特の臭いも防止することができます。このような状態で魚を飼育することは、魚にとっても病気などを防げますし、飼育している側にとっても気持ちよく生活できます。小さな子供がいるような家庭でも、バクテリアなどを心配せずに、衛生的に魚の飼育ができます。バクテリアはあまりよくないものだと思いがちですが、魚たちにとっては、ある程度バクテリアが存在している方が都合が良かったりします。そのため、紫外線殺菌灯を過度に使うのはやめましょう。それぞれの商品や、水槽などの取り扱い説明書に、水槽の水の循環について必ず説明書きがあると思いますので、それらをよく読み使用法を守って使うことが大切です。


ページのトップへ ▲

紫外線殺菌灯の活用

赤ちゃん

水槽以外の紫外線殺菌灯の活用法について紹介したいと思います。紫外線殺菌灯は幅広く使われているため、全てを挙げるときりがないのですが、日常的に知っておくと便利かもしれないというものを紹介します。最近ではコンパクトサイズの紫外線殺菌灯があるようで、ご家庭にひとつあるといろいろ便利かもしれません。というのも、それを使えば、家中のバクテリアやカビを退治することも可能だからです。小さな子供のいる家庭なら、哺乳瓶の消毒から、子供が手にとり口に運びやすいもの(おもちゃなど)などに照射すれば、衛生面での心配はなくなります。また、トイレなどのバクテリアの退治や、お風呂のカビ防止、靴に照射すれば臭いも絶つことができますし、水虫予防にもなります。別になくても生活に困るようなことはありませんが、衛生面が気になる人にはとても便利なアイテムです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) 子供を守る紫外線対策! All Rights Reserved.