目に与える紫外線の影響

目に与える紫外線の影響

スポンサードリンク

.

紫外線が有害なのは皮膚だけじゃない!

スキー

紫外線の影響についての関心は、ついつい皮膚ばかりに集中してしまいますが、目についても忘れてはいけません。紫外線Bは角膜に影響をあたえ、傷をつけて角膜炎を引き起こします。紫外線Cはそれほど心配しなくてもいいのですが、水晶体に影響をあたえて傷つけ、白内障を引き起こします。スキーなどに行ったときに、ゴーグルなどをしないで滑っていると、角膜炎になったりしますよね。それは、紫外線の影響によるものなのです。


ページのトップへ ▲

紫外線とめがね

子供とめがね

最近では、子供でもよくめがねをかけています。テレビゲームやパソコンなどの普及により、視力低下も進んでいるのでしょうか。めがねをかけている人というのは、一般的にかけていない人よりも、紫外線を浴びている量が少ないということ、ご存知ですか?めがねのプラスティックレンズには、紫外線カット機能を備え付けているものがほとんどなのです。多くのレンズにはもともと紫外線Bを吸収する効果があります。めがね屋で、紫外線カットレンズ、と呼ばれているものは、紫外線Bに加え、紫外線Aもカットできるレンズのことを言うようです。そのため、めがねをかけている人とかけていない人を比べると、かけている人の方が直接目に紫外線の影響を与えていないということになるのです。子供さんで、めがねをかけている場合は、その点では嬉しいことかもしれませんね。


ページのトップへ ▲

紫外線とサングラス

サングラス

紫外線から目を守るためにはサングラスが効果的なのでは?と考える人も多いでしょう。しかし、サングラスは、他のめがねと比べると、それほど効果的なものではないようです。めがねをかけない人が、めがねをかけている人と同じ紫外線カット効果を期待してサングラスを選ぶ分には、まあいいのかもしれませんが、サングラスと普通のめがねであれば、普通のめがねの方が目に優しいと私は思います。というのも、サングラスは目の瞳孔を大きく開かせる作用を持っています。そのため、サングラスを通して浴びることになる紫外線の量は大きくなります。サングラスを選ぶ場合には、普通のめがねよりも強力な紫外線カットレンズでなければいけないということです。店頭で売られているサングラスのほとんどが、普通のめがねと同じレベルの紫外線カットレンズだったりします。そのため、普通のめがねよりも紫外線の影響を受けてしまうことになります。サングラスがいいのか、普通のめがねがいいのか、よく考えて選ぶようにしなければいけません。


ページのトップへ ▲

紫外線と白内障

目のトラブル

目に影響を与える紫外線の影響で有名なのは白内障です。紫外線が白内障へ影響しているということは、まだ正式には研究中なようですが、紫外線の強い国と弱い国を比べると、紫外線の強い国のほうが、白内障患者が多いという統計が出ているようです。光は、水晶体でピントを合わせられ網膜に像を結び付けます。紫外線が水晶体を傷つけ、白内障が引き起こされると考えられているようです。白内障というと、高齢者の病気である印象ですが、最近では若くても白内障を発症する人が増えてきています。これが紫外線の影響なのかはまだ詳しくはわかりませんが、もし影響があるのであれば、皮膚だけでなく、目も紫外線から守る必要があります。失明の可能性もある病気なので、気をつけたいですね。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) 子供を守る紫外線対策! All Rights Reserved.