様々な子供用紫外線防止グッズ

様々な子供用紫外線防止グッズ

スポンサードリンク

.

子供にとっての紫外線

海水浴

子供は、夏の良く晴れた日、紫外線の量がピークに達しているようなときでも、喜んで遊びに行きますよね。直射日光を浴びながら、サッカーをしたり虫取りをしたり、プールに行ったり…元気な子供ほど日焼けします。しかし、日焼けイコール健康、のようなイメージがありますが、それは本当にイメージだけで、子供の日焼けというものはとてもよくないものです。子供のころから日焼けをたくさんしていると、それだけ皮膚のダメージが大きくなります。大人の日焼けと子供の日焼けは少し違い、子供の日焼けの怖いところは、皮膚細胞のDNAを壊し、壊れたまま、もしくは間違って修復されたものがそのまま、細胞分裂し増えていってしまうということです。子供用紫外線防止グッズなんて…と思う人もいるかもしれませんが、子供にこそ必要なものなのです。


ページのトップへ ▲

子供にも紫外線予防と対策を!

日焼け防止

そんな恐ろしい紫外線ですが、子供はお構いなしですよね。そのため、親が子供の紫外線対策や紫外線予防を考えてあげなければいけません。過度の日焼けがよくないことや、紫外線について、理解できるような年頃の子供にはきちんと説明するようにしましょう。高校生くらいになると、女子でも男子でも日焼けなどには敏感になりますので、親から説明する必要もありませんが、日焼けが格好いいと言って、日焼けサロンや海などに通い出したりしている場合には、その日焼けが後にどのような影響を与えるのか、説明してあげる必要もあります。赤ちゃんや小さな子供の場合は、自然な感じで子供用紫外線防止グッズを使ってあげましょう。子供が嫌がってしまうことのないような工夫が必要ですね。


ページのトップへ ▲

子供用紫外線防止グッズ

日焼け止めクリーム

子供用紫外線防止グッズはいろいろあるかと思いますが、一番の子供用紫外線防止グッズは「日焼け止めクリーム」でしょう。子供は活発ですから、日傘なんてさしませんし、真夏に長袖の服を着ていては暑くて仕方ありません。そのため、結局、一番効果的な子供用紫外線防止グッズは日焼け止めクリームなのです。でも、気になることもありますよね。日焼け止めクリームは肌にいいものではありません。特に、子供の敏感な肌にダメージを与えないか心配です。そのため、小さな子供には紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めクリームを使うといいでしょう。万が一、紫外線吸収剤が含まれているものを使う場合には、子供用を選ぶようにしましょう。また、ウォータープルーフの日焼け止めクリームは一般的に刺激が強いので控えるようにしましょう。汗で流れてしまった場合には、その都度こまめに付け直してあげるようにした方がいいかと思います。どうしてもウォータープルーフものを使いたいときは、帰宅後しっかりと日焼け止めクリームを落とすようにしましょう。いずれの場合も、紫外線吸収剤、ウォータープルーフは毎日使わず、どうしても!というときだけにし、普段は普通の日焼け止めクリームを使ってあげましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) 子供を守る紫外線対策! All Rights Reserved.