紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤とは

スポンサードリンク

.

紫外線吸収剤とは?

日焼け止めクリーム

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して、赤外線や可視光線などに変換、放出するものを言います。赤外線や可視光線は、人体にあまり影響がないため、紫外線による皮膚への負担を大きく軽減してくれます。ちなみに、紫外線吸収剤、という言葉は聞きなれないかもしれませんが、紫外線吸収剤とは、日焼け止めクリームなどのことです。もちろん、紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めクリームもありますよ。


ページのトップへ ▲

紫外線吸収剤の選び方

考える女性

紫外線吸収剤を選ぶときに理解していなければいけない用語が「SPF値」「PA値」です。SPF値というのは、紫外線B(UVB)をカットし、シミ、そばかすなどをできにくくしてくれます。PA値というのは紫外線A(UVA)をカットし、シワやたるみなどを防いでくれます。このふたつの数値が高ければ高いほど、紫外線をカットし、日焼けを防いでくれるということです。しかし、同時に、肌の負担が大きくなります。紫外線による負担は軽減されますが、紫外線吸収剤をつけていることによる負担が大きくなってしまうのです。そのため、自分のライフスタイルに合わせた紫外線吸収剤を選ばなければいけません。部活動などで、毎日日光を浴びている時間が多い子供にはしっかりと紫外線をカットできる紫外線吸収剤を使うといいでしょう。しかし、一日中つけているのは肌に負担がかかってしまいますから、外に出る時間だけにするとか、それ以外は紫外線吸収剤を含まないものを使用するなどの工夫が必要だと思います。

また、ほとんど部屋の中にいる場合などは、紫外線吸収剤を使用する必要はないかと思います。肌に優しい日焼け止めクリームで十分でしょう。レジャーなどにでかけるときには、しっかり一日中塗りましょう。またこまめに塗りなおしたりすることも大切です。


ページのトップへ ▲

紫外線吸収剤の注意点

洗顔

紫外線吸収剤は間違いなく紫外線をカットしてくれる優れものです。その優秀さの虜になって、常に紫外線吸収剤を塗っている、という人いませんか?紫外線吸収剤は、間違った使い方で、使えば使うほど肌の老化が進むといわれています。また、紫外線吸収剤の成分は非常に強いため、肌荒れを起こす人も多いようです。特に、子供の肌は敏感だったりしますから、必要以上に紫外線吸収剤を使うことはよくありません。大人になると、お化粧もしますから、ちゃんとクレンジング剤で洗顔をして落とす人がほとんどだと思います。しかし、子供だと、ちょこちょこっとお湯で顔を洗って終わり、という場合もありますよね。紫外線吸収剤を使った場合には、子供でもちゃんとクレンジングしなければいけません。それができないのであれば、紫外線吸収剤を含まない日焼け止めクリームを使うべきです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) 子供を守る紫外線対策! All Rights Reserved.