LED紫外線ライトとは

LED紫外線ライトとは

スポンサードリンク

.

紫外線LEDライトとは?

信号機

LEDというのは、発光ダイオードのことで、光を放射する半導体のことです。最近では医療、バイオなどの方面にもこの紫外線LEDライトが使われているようです。防犯では、紙幣が本物か偽物かを見分ける方法として紫外線LEDライトが使われていたりします。普段何気なく使っている紙幣ですが、特殊なインクが使われていて、紫外線LEDライトを照射すると文字などが浮き上がるようになっているようです。他にも信号機や、センサーなどで使われています。聞きなれない言葉ですが、いたるところで利用されているのです。


ページのトップへ ▲

紫外線LEDライトは人体に影響する?

ライト

紫外線は、殺菌効果があり、人体にはとても有害なものです。紫外線LEDライトは様々なところで使われているといいましたが、人体への影響が気になりますよね。しかし、心配はいりません。多くの紫外線LEDライトは、人体に影響が出ないように調整されているようです。そのため、紫外線LEDライトを浴びるようなことがあっても、日焼けをしてしまったり、シミ、そばかすが増えてしまったり、皮膚がんの原因になるようなことはほとんどありません。しかし、紫外線LEDライトを長時間見続けたりすると、目に影響が出てしまうようです。程度によっては失明してしまうこともあり得ますから、じっと直視するようなことは避けましょう。


ページのトップへ ▲

紫外線LEDライトで盛り上げよう

イルミネーション

紫外線LEDライトはブラックライトでもあります。ブラックライトはその場の雰囲気を盛り上げるのにも最適ですよね。そして、最近流行っている、電飾なども、この紫外線LEDライトが使用されています。冬が近くなると、多くの家が素敵にライトアップされています。最近では赤、青、緑などのカラフルな電飾が目立ちます。これらの紫外線LEDは、紫外線をほとんど放出しないため、安心して使うことができるようです。そのため、植物に電球を巻きつけたり、家の壁に飾ったりしても、植物が枯れてしまったり、壁が変色してしまうことはないようです。もちろん、人体にも影響はありません。

また、紫外線LEDは寿命が長く、消費電力もそれほどかかりませんので、財布にやさしいですよ。せっかく素敵に飾り付けをしても、月々の電気代が膨大になってしまったり、すぐに電球が切れてしまったりしては、嫌になってしまいますよね。紫外線LEDであれば、その辺りの心配も必要ありません。クリスマスが近くなったら、子供と一緒に飾り付けをしてみるのも楽しそうでいいですよね。ブラックライトまでは手が出せなくても、電飾なら手軽に取り入れることができるのではないでしょうか。今年の冬は是非挑戦してみてはいかがですか?


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) 子供を守る紫外線対策! All Rights Reserved.