有害な紫外線とは

有害な紫外線とは

スポンサードリンク

.

太陽光線にあたった方がいい?

日光浴

日光にあたることは、健康的なイメージがあります。年頃の女の子や女性は、日焼けを気にして日焼け止めクリームを塗ったり日傘などの日除け対策をしたりしますが、子供はよく日光にあたったほうがいいと思われている人が多いようです。しかし、それは間違いで、子供も大人同様に、日光をあびすぎないようにすることが大切です。


ページのトップへ ▲

紫外線とは?

空

私たちが生活している場所まで届く太陽光線の中には、赤外線、可視光線、紫外線が含まれています。さらに、紫外線は波長の長さで3タイプに分類できます。紫外線A、紫外線B、紫外線Cと分けられます。紫外線Aが、一番波長が長く、紫外線B、紫外線Cになるごとに波長は短くなります。波長の長さが短ければ短いほど、人体に有害とされているようです。


ページのトップへ ▲

紫外線の有害、無害

紫外線

紫外線は、その波長が短いもの、紫外線B、紫外線Cが有害とされています。紫外線Cは、オゾン層によって吸収されるので、ほとんど地上まで届きませんが、環境破壊が深刻化している現在では、オゾン層破壊により紫外線Cが地上にまで到達してしまう危険が迫っています。紫外線Cが一番人体に有害な紫外線なので、これは大きな問題と言えます。

また、エベレストのような高い山の山頂付近では紫外線Cが地上に届いていると言われています。紫外線Bは極々普通に私たちが浴びている太陽光線の中に含まれています。そのため、普段から気にしなければいけない紫外線といったら、この紫外線Bのことになります。紫外線Bは、紫外線Cほどに有害なものではありませんが、人体に有害であることには変わりありません。また、紫外線Aは波長が長いため、人体に無害であるかと言えばそうではありません。紫外線の中で有害のレベルがあり、一番有害レベルが低いだけであって、有害に変わりはないのです。


ページのトップへ ▲

紫外線はどうして有害なの?

肌

では、紫外線はどうして有害なのでしょうか。紫外線によってシミやそばかす、シワができるのは有名ですよね。これは、紫外線によってメラニンが過剰に作られてしまったり、肌の弾力、ハリといったものに関わる線維を、紫外線が破壊してしまうことでおこります。

また、紫外線は皮膚がんの原因でもあります。紫外線を多量に浴びると、皮膚の細胞が傷付けられ、突然変異をおこします。そしてがん化してしまうのです。他にも、あまり知られていませんが、免疫機能を弱めたり、白内障の原因にもなります。人体に有害であることは一目瞭然という感じです。何となく、太陽光線は、健康的な印象を持ってますが、その中に含まれている紫外線は恐ろしいものなのです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) 子供を守る紫外線対策! All Rights Reserved.