紫外線の種類

紫外線の種類

スポンサードリンク

.

紫外線には種類がある

紫外線

紫外線は3種類あります。紫外線A、紫外線B、紫外線Cです。各々、波長の長さによって分けられ、波長が短いものになればなるほど人体に有害と言えます。特に要注意なのが紫外線Cですが、この紫外線はオゾン層によって吸収されるので、今のところそれほど問題にはなっていません。しかし、このまま環境破壊が続けば、紫外線Cの被害は深刻なものとなります。


ページのトップへ ▲

紫外線A

雨

紫外線の中で一番波長が長いのが、紫外線Aです。この種類の紫外線は、真皮に存在しているコラーゲンなどを破壊します。美容の敵、シワなどはこの種類の紫外線が大きな原因になっています。また、一年中、天気に関係なく照射されているため、日差しが強くない秋から冬にかけてや、曇りや雨の日でも気をつけなければいけません。日焼け止めクリームなんかのパッケージに書かれている「PA+」はこの紫外線のことを指します。日焼け止めクリームなどは、夏場しか使っていない人も多いのではないかと思いますが、この種類の紫外線をカットするには、通年で「PA+」を含む日焼け止めクリームを塗る必要があります。クリームでなくても、化粧水や乳液、化粧下地に含まれているものもあるので、うまく使っていきましょう。

また、紫外線Aは波長が長いため、窓ガラスや普通のカーテンを通り抜けて皮膚へと照射されます。室内にいるから安心というものではありません。遮光カーテンを引くようにしたりする工夫が必要ですが、昼間から暗い部屋で過ごすのもどうかというところですよね。そんなときには、先ほど言った、「PA+」が含まれるクリームなどを塗っとくといいでしょう。部屋の中くらいはスッピンでいたいという人や子供などでも、薄く塗っておくのと塗らないのとでは随分と違うみたいですよ。


ページのトップへ ▲

紫外線B

日焼け止めクリーム

この種類の紫外線は、メラニンの生成を過剰にさせます。そのため、シミやそばかすなどで悩まされたりします。紫外線Aと異なり、この種類の紫外線は春先から夏にかけて多く照射されます。日焼け止めクリームなどには「SPF」と書かれます。夏以外では、「PA+」に気を配っておけばいいのですが、夏場は「SPF」の数値にも注意して日焼け止めクリームなどを選ぶ必要があります。


ページのトップへ ▲

紫外線C

宇宙

この種類の紫外線は、非常に有害度が高いことで知られています。皮膚がんの原因に一番近い紫外線です。もちろん、紫外線Aや紫外線Bも皮膚がんの原因になりますが、紫外線Cに比べれば、まだいい方です。そんな恐ろしい紫外線Cですが、この紫外線はオゾン層が吸収してくれています。そのため、私たちはこうして生きていけているわけです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) 子供を守る紫外線対策! All Rights Reserved.